Link/from farm to table MENU
HOME
企業理念
品質保証体制
会社概要
組織図
海外ネットワーク
海外事業部の業務
取扱商品
地図
プライバシーポリシー
リクルート情報
海外事業部の業務


日本ハムグループの商社機能として、畜肉を中心に農・畜・水産分野の食品を、原料から加工品まで幅広く輸出入しています。

食肉・食肉加工品部門
牛肉は主に北米、豪州、豚肉は欧州、北米、南米など、鶏肉は北米、南米、アジアから輸入を行っています。原料肉の他、中国、タイからは豚肉や鶏肉の加工品を多く輸入しています。大規模に展開する、北米や豪州での牛豚の生産、処理事業をはじめ、日本ハムグループのグローバルネットワークを最大限に生かし、安全で高品質な輸入食肉を食卓に安定供給しています。

水産品部門
寿司ネタ、刺身や惣菜などを主に輸入しています。輸入先は中国、タイ、ベトナムなどのアジアを中心に、北米、南米、豪州など世界中に及びます。特に寿司ネタの輸入に強く、高いシェアを誇っています。また、アジアを中心とした海外協力工場で、世界各国から仕入れた水産物を加工し、日本に輸入する三国間加工貿易を行うことで、より高品質で価格競争力のある商品を供給しています。

加工品部門
ハム、ソーセージ等の加工食品を欧州、中国を中心とした世界各国から輸入しています。大手スーパー、コンビニエンスストアなどを通して、時代を捉えた、品質、安全性の高い商品をお届けしています。
■輸入業務の流れ